いぬたろうの気まぐれブログ

主にボカロ関連、撮影関連のことを記事にします。

チケット詐欺に気をつけよう!

マジミラチケットの発券が明後日10時から開始になります。それに伴い、チケットの取引が多く行われることが予想されます。

チケット難民にはまたとない絶好のチャンスですが、それにつけ込み悪事を働く輩が必ず現れます。チケットを譲渡すると偽り入金させて失踪する、いわゆるチケット詐欺による被害を訴えるツイートを毎年見ています。今年も既に被害に遭いそうになっているツイートを見ました。

2ステップでできる、チケット詐欺の被害に遭わない簡単な方法がありますのでお伝えしたいと思います。

 

 

 

①取引方法を直接手渡しにする

まず真っ先に直接手渡しで取引したい旨を伝えましょう。直接手渡しであれば、チケットを自分の目で見て確認できるため詐欺行為を働くことはできません。また、郵送する必要がないので配達中に紛失するリスクも無くなり、送料の負担も無くなるので金銭的負担も多少軽くなります。フォロワー同士での取引であれば、チケットの取引と同時に交流もできるのでオススメです。

 

 

②代引きでの発送をお願いする

直接手渡しでの取引は、相手が会場にいなければできないため、断られることがあります。そういう時は、代引きで発送してもらうようにお願いしましょう。代引きにすると手数料がかかるため多少高くなりますが、代金を支払うと同時にチケットが手に入るため、金銭だけを得て失踪することはできません。

しかし、空の封筒や偽物を入れた封筒を送られて騙されてしまう可能性はあります。ただ、仮にそうなったとしても、相手の氏名と住所を確実に得ることができるので、証拠があれば相手を実名で訴えることができます。

偽名や偽の住所を使われたら…と思う方もいるかもしれないですが、その心配は無用です。代引きでの発送には手続きがあり、その際に身分証明書の提示が必要になります。そのため、よほど手の込んだ細工をしない限り、偽名や偽の住所を使うことはできません。代引きでの発送の詳細は下記URLに載っているので確認してみてください。

https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/daibiki/

 

 

もし代引きも断られたら、代引きを希望する理由をちゃんと説明しましょう。それでも相手が頑なに断る場合は、その取引は中止すべきです。代引きを選んだ際に相手が被るデメリットは、通常の発送より少し手間がかかる程度のものであり、頑なに拒まれるほどのものではありません。

チケットをゲットする機会を逃すのは惜しいかもしれませんが、騙されたら何もかも失います。少しでも怪しいと思ったら取引するのはやめておきましょう。

 

ここまでの内容を超要約

①直接手渡しでお願いする

②代引きでお願いする

これでダメなら取引中止

 

チケット詐欺はマジミラに限らず、様々なジャンルで横行しています。チケットを取引する際は十分にお気を付けください。

 

 

 

Twitterhttps://mobile.twitter.com/inutaro_next

nikoniko: https://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/64868634